2005年11月04日

プレビュー

今日はStudio Salt恒例のプレビュー公演を川崎のH&Bシアターでやってきた。
前日の9時から泊り込みで、小道具や機材の搬入をし、10時に搬入完了。
その後、セットを所定の位置に置き、12時まで稽古をし、稽古が終ると…
麻生「最近寝不足だし、俺、枕が変わると寝られないから」と帰宅。
椎名も「私は一応女性なので帰ります」と帰宅。
残った泊り込み組みは、セットの畳の汚しを入れる作業(残業。手当てなし)に取り掛かった。
これが時間がかかると思ったら意外と早く終り、1時より宴会開始。
客演の東宮南北さんと、舞台監督の金田さん&我が劇団員松本・F・光生&木下智巳&僕で、酒を酌み交わしながら過去の失敗談や、昔付き合っていた女性の話などで熱く盛り上がり、話しに熱が入ってくると、いつの間にか話題は芝居の話になっていた。
う〜ん…やっぱりみんな好きなんだなぁ、と実感。
なぁんて浸っていたら、時計の針はもう3時。
明日は7時起床で当日準備をやらなくてはならないのに、酒飲んで語ってる場合じゃないじゃん!!早く寝なくちゃ。…起きられっかなぁ?
そこで金田さん一言。

「大丈夫ですよ、私が“ナグリ”で叩き起こしてあげますから」
※ナグリ:舞台用語でカナヅチ

う〜ん;…冗談に聞こえない(; ̄ー ̄)
ので、みんな素直に即就寝。

翌日。
僕、7時に起こされたものの、うだうだと布団の中。
危うく頭蓋骨に穴が開くところでした。
…だって眠いんだもん。しょうがないじゃん。
そして、何だかんだしているうちに、集合時間の9時。
座長、珍しくぴったり登場。
客演の女優さんも10分前に到着。
さて、稽古を始めるか。………おや?
椎名泉水大先生が来ていない。
ま、まさか寝坊!!?煤i゜Д゜)
連日の徹夜でついに倒れたか…。
なぁんて心配していると、電話がかかってきて。

「舞台で使う消え物を買って行くから10時に入りまーす」

との知らせが。
うーん、一安心。
とりあえずそこで舞台監督と今日の計画を立てる。
11時、2時半、5時半と、時間を決めて3回通し稽古をすることとなる。
といっても、第二回公演「蟷螂」で1日3回公演の経験のある僕たちは、まぁ、何とかなるだろうと高を括っていた。
そんなタイムスケジュールを立てているところで椎名登場。
消え物と一緒に何故か大量のおにぎりが…。

「昼食は近くに定職屋があるからおにぎりは食べないよ?」

と、心でつぶやき、椎名を迎える。
時間も無いので早々に稽古を開始してみたらあら不思議。
通し稽古が、11時から初めて1時間ちょい、その後ダメ出しが1時間。
……あれ?1時じゃん;
次の通し稽古は2時半からのため、プリセットや頭飾りがあるので、昼食休憩20分。
椎名さん…若しかして先読みしていらっしゃったんですか;?
素晴しい。
おにぎりをしゃしゃっと食べた後、ゆっくり休憩する暇も無く、2回目の通し稽古。
これもまた1時間ちょいで、ダメ出しが1時間。
またわずかな休憩をはさみ、プレビュー公演の準備。
あたふたしているうちに、関係者が来場。
息つく暇も無く会場やセットの説明をする。
今回が、初舞台の我がStudio Salt役者兼宣伝美術の木下智巳に僕が初舞台(父の骨)の時に湯飲みでお茶を飲むシーンがあり、その湯飲みを持つ手が自分の意思と関係なく、震えてしまう…初舞台にはそんな怖さがあるんですよ。なんて、ちょっと緊張に拍車をかけるような言葉をかけてみたりした。

木下「(笑)」

そして、プレビュー公演開始。
…終了。

やっている間は役としてみているため、周りの状況を見る余裕なんて無いので、終ったあと、感想を聞いてみると、全然平気そうでした。
恐るべし、木下智巳。
今回は初客演・初出演という新しい役者が入り、いろいろな部分で新鮮な所があり、見に来て下さった関係者の方々の感想も、「粗い部分はあるけれど、全ての状況が揃った本公演を楽しみにしています」と、期待大。

これより、あと2週間。
役者一人一人が演出の意図するものを掴んで、不揃いな6人の醸し出す空気をご来場の方々にお届けできるようにラストスパートを掛けたいと思います!

とりあえず、今日はおやすみなさい。


posted by 塩人 at 01:16| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。